みんなの元保護犬物語【第82話】YAMATOくん(ヨークシャーテリア・7歳)

『みんなの元保護犬物語』は、里親になられた方々の「リアルストーリー集」です。
「里親になるって実際どんな感じなの?」っと疑問をお持ちの方に、「うちの場合はこんな感じだったよ」っと回答いただきました。100匹いれば、そこには100通りの物語があります。先輩方の経験を、里親になることを考える参考にしていただけたら幸いです。⇨ 里親様の体験談、募集中です!

元保護犬のYAMATOくんです。

名前:YAMATO
犬種:ヨークシャーテリア
性別:雄
年齢:7歳
現在、お迎えしてから:1年10ヶ月

きなこ先生

耳毛が綺麗なYAMATOくん、こんにちわだワン!

お迎え前について

※アンケートの一部は選択式の回答となっています。

保護犬の里親になろうと思ったきっかけは?
先代のヨークシャーテリアを14歳で送ってボーっとしていた時に保護された方から預かりお願いしたいと知人から預かったので

どこから保護犬の譲渡を受けましたか?
知人から

その譲渡元はどのように見つけましたか?
インターネット検索

その譲渡元を選んだ理由は?
特になし

複数の譲渡元を検討しましたか?
いいえ

その子にした理由は?
先代のヨークシャーに良く似ていたこと。手放したら死んでしまいそうな状態だったから

何匹かのワンちゃんを同時に検討しましたか?
いいえ

里親になるまでに何度申し込みをしましたか?
1度のみ

里親申し込みで大変だったことは何かありますか?
瀕死の状態だったので、見取りになったらどうしよう…育てられるかな?という不安

里親申し込みで何か気をつけたことはありますか?
保護犬がどういうものか?保護団体というのがどういうものか?全く知らなくて、そこから勉強して、調べて、からのスタートだったので手探りでした。

お迎えするときに準備したこと、気をつけたことはありますか?
栄養剤、酸素缶、もしもの時の病院予約連絡の確認

譲渡当時のワンちゃんについて

迎えた際の年齢は? (選択式の回答)
5歳〜7歳

迎えた際の健康状態は?
かなり悪い状態

具体的にはどのような病状がありましたか?
保護された時に800g欠ける程の栄養失調で鼻からの胃ろう栄養補給状態

譲渡元での、メディカルチェックの有無
健康診断なし

ワンちゃんのそれまでの環境はご存知ですか?
全然わからない

ワンちゃんがご自宅にたどり着くまでの経緯
全く分からず、繁殖場のゴミ箱に瀕死で捨てられてたらしい。のを保護して来たらしい。

お迎え後について

思ったより楽だったことは?
先代の犬と同じ犬種なので、気質が大体一緒‼︎トイレもお座りも直ぐ覚え

逆に、思ったより大変だったり悩んだことは?
食事に興味が無く、食べてくれる事、信頼してくれる事がなかなか出来ず体重を増やす事が難しかった。

聞いていた健康状態以外の問題が起こりましたか?
健康状態について全くの未知数でこれから何が起こるかわからない‼︎保護犬はそういうもの!とそれ以上の話しは無し。からの保護保育が始まり、精密検査から重度の気管虚脱、パテラlev.2.が発覚。歯は残一本。なんとかなんとしても生きて欲しかった。

最も苦労したしつけがあれば教えてください。
全く人を信頼していないので、出したご飯を食べてくれるまで10日程は鼻からの強制給餌を4時間おきに食べさせて、水も補給して、幸いお腹に虫は居なかった事が幸い。ある日、急に触っても離れなくなった時に嬉しくて泣きました。それから、間も無く口からご飯を食べてくれる様になって来ました。が、気圧が下がると今でも食欲不振は変わりません。健康に気をつける事が1番の心配事です。

迎え入れて、嬉しかったことは?
信頼して抱っこして眠ってくれた時。

お迎え後、愛犬はどのように変化しましたか?
最初はかなりの人間不振で、近寄ると震えて、触ると身体を硬くしていたのが、甘えてくれる様になった。

迎え入れたことで、家庭にどのような変化がありましたか?
夫婦の会話が増えた!笑

(保護犬以外のワンちゃんも飼ったことがある人に質問です。)保護犬以外のワンちゃんと、保護犬ちゃんとで違うな、と感じることはありますか?
過去にヨークシャーテリアを2匹飼ったことがあるんですが、赤ちゃんの時から飼ったので、野性感は全く無く、へそ天でどこでも爆睡出来、誰にでも呼ばれたら尻尾を振って愛想良くご挨拶が出来ていた。が、保護犬は家人以外の人を信頼はしていないと思う。おいで!と呼ばれても行かない。抱っこが嫌い。誰かから餌を貰う事はしない。時々夜中に悲痛な叫び声を上げる。心の傷があると思った。

逆に同じだな、と思うことはありますか?
ヨークシャーテリア気質で家人には忠実で勇敢。

振り返って

今、元保護犬の愛犬はどういう存在ですか?
知らなかった繁殖場の壮絶な生活を経験してたことを塗り替える程の幸せな生活をさせてあげたい!と思う子です。

今だから思える、譲渡に関して、もっとこうしておけば良かったと思っていること。
最初から複数飼いを計画しておけば良かった。途中で保護犬を預かってみたけど、今の犬に途中からの受け入れは難しかった。

里親になることを希望されている方へのアドバイスやメッセージ
赤ちゃんから飼うのと成犬から飼うのと違いは赤ちゃん時代の姿を知らない。だけですが、それを上回る、信頼感を得る!という変化を体験出来ます。

最後に、愛犬に言ってあげたいことがあれば、お願いします!

過去の6年間の恐怖、苦痛を早く忘れて、毎日幸せを感じて楽しく生きて欲しい。私たちは君の絶対の味方だからね!

きなこ先生

繁殖場のゴミ箱からよくぞ生き残ってくれたワン!お利口さんなYAMATOくん、これからもたくさんの幸せに慣れていってね。YAMATOのオカンさん、ありがとうだワン!

[募集]みなさまの「保護犬のその後」を教えてください!

よかったらシェアしてワン!
URLをコピーする
URLをコピーしました!