ペットの母子手帳「うちの子手帳」できました!

みんなの元保護犬物語【第66話】リリーちゃん(日本スピッツ・7歳)

『みんなの元保護犬物語』は、里親になられた方々の「リアルストーリー集」です。
「里親になるって実際どんな感じなの?」っと疑問をお持ちの方に、「うちの場合はこんな感じだったよ」っと回答いただきました。100匹いれば、そこには100通りの物語があります。先輩方の経験を、里親になることを考える参考にしていただけたら幸いです。⇨ 里親様の体験談、募集中です!

元保護犬のリリーちゃんです。

名前:リリー
犬種:日本スピッツ
性別:メス
年齢:7歳(推定)
現在、お迎えしてから:2年半

きなこ先生

真っ白な毛並みがとっても素敵だワン!

お迎え前について

※アンケートの一部は選択式の回答となっています。

保護犬の里親になろうと思ったきっかけは?
先代の犬を亡くしたことです。

どこから保護犬の譲渡を受けましたか?
ボランティア団体

その譲渡元はどのように見つけましたか?
インターネットのサイト

その譲渡元を選んだ理由は?
犬に対する深い愛情と責任感を感じる団体だったので。

複数の譲渡元を検討しましたか?
はい

その子にした理由は?
先代の犬(アメリカンエスキモードッグ)とそっくりだったので、惹かれました。先代を亡くしてすぐだったので、すぐに引き受けることはできないと思い、早く里親さんが決まるといいなぁ、と思い、毎日サイトを覗いていたのですが、なかなか決まらず、その間どんどん愛情が湧いてきていてもたってもいられなくなって、申し込みをしました

何匹かのワンちゃんを同時に検討しましたか?
はい

里親になるまでに何度申し込みをしましたか?
1度のみ

里親申し込みで大変だったことは何かありますか?
当然ながら引き受けの条件があり、一人暮らしはダメだったので、息子夫婦に後見を頼みましたが、すぐには了解が得られず息子の説得が大変でした。

里親申し込みで何か気をつけたことはありますか?
責任を持って最後まできちんと育てられるか、よく考えました

お迎えするときに準備したこと、気をつけたことはありますか?
元々犬を飼っていたので、準備は特に大変ではありませんでした

譲渡当時のワンちゃんについて

迎えた際の年齢は? (選択式の回答)
5歳〜7歳

迎えた際の健康状態は?
良好

譲渡元での、メディカルチェックの有無
健康診断あり

ワンちゃんのそれまでの環境はご存知ですか?
ある程度知っている

ワンちゃんがご自宅にたどり着くまでの経緯
かなり悪質なブリーダーの劣悪な環境にいたようです。保護した団体の方が定期的に様子を見に行っているようで、長くいる子を説得して保護しているようです

お迎え後について

思ったより楽だったことは?
預かり親さんのところで暮らしていたおかげで、トイレはキチンとシートの上でできたので楽でした

逆に、思ったより大変だったり悩んだことは?
人に対して何も要求せず、無感情だったので、私自身が信頼できる対象と思ってもらえるように心を砕きました。お散歩もしたことがないと言うことだったので、本当に少しずつ外を見せることから始めて、負担にならないように気をつけました。

聞いていた健康状態以外の問題が起こりましたか?
特に問題はありませんでしたが、やはり歯は悪くなっていたので、すっかり慣れた時に抜歯しました

最も苦労したしつけがあれば教えてください。
元々大人しい子で攻撃的なところは全くなかったので、特にはありませんでした

迎え入れて、嬉しかったことは?
とにかく自分を必要としてくれることで幸せを感じます

お迎え後、愛犬はどのように変化しましたか?
最初は家にも人にもすぐには慣れませんでした。特に男の人にはずいぶん怯えるので、何かしらのトラウマがあったのかもしれません。
来てすぐにはケージの中に入っていて、あまり出てきませんでしたが、少しずつ心を開いてくれました。
最初できなかったお散歩も1ヶ月くらいで大好きになりました。外の世界に触れ、初めてのことだらけで、見るもの嗅ぐもの全てに興味が湧いてきたのは本当に嬉しいことでした。
また、長年ずっとケージの中でくらしていたので筋力が無かったのですが、お散歩に行くようになって脚力がついてソファに飛び乗れるようにもなりました。
今やすっかり家庭犬になり、インターフォンが鳴ると吠えるようにもなりました笑

迎え入れたことで、家庭にどのような変化がありましたか?
私自身の生き甲斐ができ、毎日が楽しいです。

(保護犬以外のワンちゃんも飼ったことがある人に質問です。)保護犬以外のワンちゃんと、保護犬ちゃんとで違うな、と感じることはありますか?
心を開いてもらえるまでは少し苦労しましたが、すっかり仲良くなり、我が家が自分の家だという意識ができてしまえば、何も違いはありません。苦労している分、子供の時から育てた先代より良い子かも。

逆に同じだな、と思うことはありますか?
息子たちに対して吠えるところは同じです。お母さんの育て方が悪いと言われます(笑)

振り返って

今、元保護犬の愛犬はどういう存在ですか?
大切な家族です。5歳まで楽しいこともなく暮らしてきたことを思うと尚更幸せにしてあげたいと思います。

今だから思える、譲渡に関して、もっとこうしておけば良かったと思っていること。
ありません

里親になることを希望されている方へのアドバイスやメッセージ
色んなバックグラウンドを持っているワンちゃんですが、愛情を注いであげることでワンちゃんもご自分も幸せになって下さい

最後に、愛犬に言ってあげたいことがあれば、お願いします!

うちの子になってくれて、本当にありがとう。毎日幸せ感じてるよ!

きなこ先生

できなかったお散歩も大好きになり、外の世界に興味が湧いたリリーちゃん。「ワンちゃんもご自分も幸せになって下さい」というメッセージも素敵だワン。まるるんさん、ありがとうだワン!

[募集]みなさまの「保護犬のその後」を教えてください!

よかったらシェアしてワン!