ペットの母子手帳「うちの子手帳」できました!

みんなの元保護犬物語【第45話】えんじぇる ちゃん(ミニチュアダックスフンド・享年13歳)

『みんなの元保護犬物語』は、里親になられた方々の「リアルストーリー集」です。
「里親になるって実際どんな感じなの?」っと疑問をお持ちの方に、「うちの場合はこんな感じだったよ」っと回答いただきました。100匹いれば、そこには100通りの物語があります。先輩方の経験を、里親になることを考える参考にしていただけたら幸いです。⇨ 里親様の体験談、募集中です!

元保護犬のえんじぇるちゃんです。

名前:えんじぇる
犬種:ミニチュアダックスフンド
性別:♀
年齢:13歳と9ヶ月で亡くなりました
現在、お迎えしてから:8年くらいだったと思います。

きなこ先生

えんじぇるちゃん、とっても桜が似合っているワン!

お迎え前について

※アンケートの一部は選択式の回答となっています。

保護犬の里親になろうと思ったきっかけは?
知人からの相談

どこから保護犬の譲渡を受けましたか?
知人から

その譲渡元はどのように見つけましたか?
元飼い主の家族から相談を受けて

その譲渡元を選んだ理由は?
同上

複数の譲渡元を検討しましたか?
いいえ

その子にした理由は?
特殊な例ですが、元飼い主の家族(元飼い主とは同居だが転職し出張が多く基本的に家に居ない)から、元飼い主が犬に対して虐待のようなことをしているが、自身は家に居ないので面倒が見れない、君に懐いているから少し預かってくれないか?から最終的にはうちで迎え入れることになりました。

何匹かのワンちゃんを同時に検討しましたか?
いいえ

里親になるまでに何度申し込みをしましたか?
1度のみ

里親申し込みで大変だったことは何かありますか?
当てはまらなかったので1度のみを選択しましたが、申し込み等はありませんでした。

里親申し込みで何か気をつけたことはありますか?
同上

お迎えするときに準備したこと、気をつけたことはありますか?
突然の相談でしたが、中身の入った2Lペットボトルなどで殴られたり、ご飯を与えられていなかったりなどがあったようなのでとにかくすぐにお迎えに行くことでした。

譲渡当時のワンちゃんについて

迎えた際の年齢は? (選択式の回答)
5歳〜7歳

迎えた際の健康状態は?
やや健康に問題あり

具体的にはどのような病状がありましたか?
避妊されていなかったので乳腺のしこりや、精神的な物(少しの物音にも敏感、人が立つと震える等)

譲渡元での、メディカルチェックの有無
健康診断なし

ワンちゃんのそれまでの環境はご存知ですか?
ある程度知っている

ワンちゃんがご自宅にたどり着くまでの経緯
上で触れている通り知人からの相談で、家庭環境が変わり主に面倒を見るはずだった家族が虐待をしている。ご飯をあまり貰えていないようだと相談を受けて、新しい里親を探すなりなんなりするから一時的に保護してほしいという話から最終的には家で迎え入れることになりました。

お迎え後について

思ったより楽だったことは?
幸い、相談主の転職前によく遊びに行ってたことから私には多少懐いてくれていたこと。

逆に、思ったより大変だったり悩んだことは?
以前とは別人(別犬?)かのように物音等に敏感になっていて、飲み終わったペットボトルを潰す音や空き缶を潰して袋に入れる音にも震えが小一時間止まらないくらいに怯えていたこと。

聞いていた健康状態以外の問題が起こりましたか?
乳腺のしこりで入院して手術、それと同時に避妊手術も受けました。
その後は全然別の部位の悪性腫瘍と戦った末亡くなりました。

最も苦労したしつけがあれば教えてください。
怯えからくる吠え。人や動物、物などを極端に怖がり家族以外は近づくと唸るし吠える。お散歩中の野良猫さんも怖くてしっぽたたむしおうち方向にUターン、すずめでさえも震えます。掃除機からも逃げ惑い、ピンポンもビクッとする。人に近づかれると基本歯を出して威嚇。(でもビビりなので噛むことは出来ないとっても可愛い子です。笑)

迎え入れて、嬉しかったことは?
寝るときもぴったり寄り添ってくれて、雷や雨音が酷いとき、道端で野良猫やよそのわんこに出会ったとき(本人的に絶体絶命の大ピンチのときw)真っ先に家族の膝に飛び乗って助けて!ってしてくるところ。信頼されているんだなあと感じました。

お迎え後、愛犬はどのように変化しましたか?
誰にでも彼にでも歯を向けたり、テーブルの下やベッドの下から出てこないということは無くなりひとりでも家族がいてもど真ん中でぐでーんと堂々とするし、おしゃべりしてたら目の前に来て仲間に入れてっておしゃべりしてくれたりしてました。笑

迎え入れたことで、家庭にどのような変化がありましたか?
もう全員メロメロで元々仲良くってリビングに集ってた家族が自室に行かなくなるくらいずっと一緒になってましたw

(保護犬以外のワンちゃんも飼ったことがある人に質問です。)保護犬以外のワンちゃんと、保護犬ちゃんとで違うな、と感じることはありますか?
やっぱり人や物に対する怯え方は全然違うと思います。
元飼い主からの虐待という少し珍しい例+月齢の差ももちろんあるかとは思いますが、無邪気さというものはなかなか感じられませんでした。
テーブルの上のリモコンなどを取ろうとじぇるの頭の近くに手を伸ばそうとするとそれだけで目をつむって震えるような子だったので、見ていて辛かったです。年数とともに軽減されては行きましたが、何歳になっても目をつむったりはありました。気をつけてはいましたがたまたま手元に来られたりするとどうしてもちょうど頭の近くに手が行って怖い思いをさせてしまったなぁと未だに胸が痛くなります。

逆に同じだな、と思うことはありますか?
慣れてしまえば家族大好きうきうきるんるんちゃんです!
どの子も大切な家族です。差はありません。

振り返って

今、元保護犬の愛犬はどういう存在ですか?
亡くなった今も毎日大好きで毎日大切な子です。

今だから思える、譲渡に関して、もっとこうしておけば良かったと思っていること。
元飼い主の家族から相談を受けて助けに行ったのですが、元飼い主本人にはもちろん話はしたが納得してもらえずに保護したので少し揉めた。けど1,2週間もすれば忘れたかのように暮らしていたのであんな人に何言っても伝わらなかっただろうし今考えても大した問題じゃなかったかな、と思います。

里親になることを希望されている方へのアドバイスやメッセージ
噛みグセ、吠えグセ等治りづらく心のケアが必要な子が沢山います。
普通に小さい頃から一緒に過ごしてきた子よりも大変なところが目立つかもしれません。
でも、一度信用してもらえるとすごく信頼してもらえて頼りにしてくれますよ。とっても可愛いです。

最後に、愛犬に言ってあげたいことがあれば、お願いします!

最後までわたしたちの側で頑張って生きようとしてくれてありがとう。あんなに毎日幸せをくれたじぇるにわたしたちがどんな恩返しが出来たか心配です。これから先も絶対に忘れないからわたしがそっちに行くときはじぇるがお迎えに来てね!

きなこ先生

コメントの端端から、愛が伝わってくるワン!えんじぇるちゃん、怖い思いして嫌だったワンね。優しい家族を持てて良かったワンね。じぇるのおねーちゃんありがとうだワン。

[募集]みなさまの「保護犬のその後」を教えてください!

よかったらシェアしてワン!